KPMG の Global Automotive Executive Survey 2017 によると、ヨーロッパ、アジア、およびアメリカでアンケートに回答した約 1,000 人の自動車業界の意思決定者は、バッテリー式電気自動車がそれぞれのセクターでトレンド第 1 位であると考えており、2016 年の 3 位から (また 2015 年の 9 位から) 上昇しています。 燃料電池 EV は、今回の調査で 3 位にランク付けされ、ハイブリッド電気自動車は 4 位でした。

輸送の未来が電気であることに疑問があるでしょうか?

電気自動車の充電

1 回の充電でより長い距離を走行できる効率のよい EV に対する需要の高まりをサポートするために、STANLEY® Engineered Fastening は、装置製造元と協力して、軽量のアルミニウム製ファスナーによる鋼製ファスナーの置き換え、打込リベットの開発、スタッド溶接の完璧化など、電気自動車製造を差別化するファスナーおよび組立ソリューションを開発しています。

Stanley Black&Decker の Engineered Fastening 部門は、OEM とのパートナーシップを継続してソリューションを模索し、安全性、効率性、および重量の目標達成を支援しています。

「車両のワイヤー ハーネスの主要コンポーネントであるケーブルの重量を減らすために、メーカーは標準の 24 V ケーブル接続からバス ケーブルに切り替えたいと考えています。バス ケーブルはさらに小型化され、軽量で、高速です」と、STANLEY® Assembly Technology のヨーロッパ シニア製品マネージャーである Vahid Amirzadeh は述べています。

軽量化に加えて、電気接地用の効果的なソリューションを提供することは、EV や自動運転車でさらに重要になっています。

 

車内の電球が機能しなくなったとき、不便ではありますが、命にかかわることはありません。 EV の電気が故障したり、自動運転車のレーダーが突然作動しなくなったりすると、どうなりますか? - Rupert Beckerグローバル製品ライン管理ディレクター、自動車
STANLEY® Engineered Fastening、リンデン、ドイツ
電流は電源に戻る経路がないと流れないため、接地は重要です。

金属フレームと鋼ボディを使用した古い車両では、各コンポーネントはボルトで連結され、絶縁材料がほとんど分離されていなかったため、適切な接地経路がありました。

しかし、新しい車両では、コンポーネントとシャーシ間の絶縁度が以前よりもはるかに高まり、ボディは導電性、低導電性、および非導電性の材料の組み合わせて作られています。 また、消費者が求めてやまないアクセサリには電力が必要です。 このような変化のため、接地がより困難になり、多くの場合重要度がますます高まります。

電気自動車のゲージ

「車内の電球が機能しなくなったとき、不便ではありますが、命にかかわることはありません。」と、ドイツのリンデンの STANLEY® Engineered Fastening の自動車、グローバル製品ライン管理ディレクターである Rupert Becker は述べています。 「EV の電気が故障したり、自動運転車のレーダーが突然作動しなくなったりすると、どうなりますか?」

STANLEY® Engineered Fastening は、1970 年代に特別な接地スタッド ソリューションを開発しました。現在では、鋼、アルミニウム、および混合材料を使用した車体の主要なソリューションの 1 つになり、FCA、NIO、Daimler、Renault に限らず、さまざまなグローバル OEM の標準として確立されています。

では、電子を流してみましょう。 EV の安全性、効率性、軽量化に関して、STANLEY® Engineered Fastening には、課題に対応できる知識と専門技術があります。

Tagged: 自動車関連