1. Cordless Freedom for Blind Rivet Nut Applications

    2月 11, 2022

    現代の製造業のプロたちは、圧縮空気ラインの制約、制限、および危険をなくす、可搬性の高いパッケージから迅速で大量の配置機能を備えたコードレス ブラインド リベット ナット ツールを求めています。 NB08PT-18 を投入することで、STANLEY は、これら 2 つの非常に重要な基準を 1 つのツールに統合しました。これにより、ほんの数例を挙げると HVAC 向けブラインド リベット ナット ファスニング、家庭用電化製品、リフトとエレベーター、および路線バス、長距離バス、電車の座席コンポーネントと内部サービス可能コンポーネントなど、複数の産業および地上輸送用途で生産性と性能が大幅に向上しました。

     

    ユニークなポータブル性を備えオペレーターが操作しやすい

    NB08PT-18 は、ユーザーのニーズに焦点を合わせて設計されています。その軽量、コードレス設計により、より優れた可搬性、ユーザーの快適性、アクセスのしやすさをこれまでで最も幅広い用途で実現すると同時に、後続の圧縮空気管に関連する危険性を排除します。 また、そのコンパクトで人間工学に基づいた設計と内蔵 LED ライトがうまく機能して、狭い、密閉された、または手の届きにくい用途でも、オペレーターがさらに仕事をしやすくなっています。

    STANLEY Engineered Fastening のブランド再構築製品

    DEWALT 2.0Ah バッテリーを ...

STANLEY Assembly Technologies, 自動車関連, 製品ニュース

  • Exploring 12 Benefits of Engineered Fastening Solutions

    1月 6, 2022

    複数の部品を安全かつ効率的にファスニングすることは、工業生産、インフラ、および建設作業における基本的な関心事です。 しかし、プロジェクトで使用する工学的に設計されたファスニング ソリューションのタイプを選択することは、非常に複雑に感じる可能性があります。 各ファスニング タイプの利点を知っていると、オプションを最適なものに簡単に絞り込むことができます。

    最も一般的な工学的に設計されたファスニング ソリューションの 3 つは、リベット留め、スタッド溶接、およびねじ込みファスナーによるボルト締めです。 それぞれに特定の利点があり、多くの用途では、1 件のプロジェクトに対して複数の種類のファスナーが適しています。 このブログでは、Stanley Engineered Fastening の専門家が、各ファスニング タイプのトップレベルの利点を強調して、各ファスナーの長所の概要を明確に示します。

    リベット留め: 恒久的、実用的、費用効果の高いファスニング ソリューション

    利点その 1。リベット留めは その耐タンパー性および耐振動性ゆえに恒久的である
    リベットは、簡単に取り外すことができず、振動に非常によく耐える、滑らかで安全なファスニング ソリューションを提供します。

    利点その 2。ブラインド リベットは取り付け先の片側から取り付けることができる

    ブラインド リベットは、反対側にアクセスしたり見たりすることなく、ピースの片側から取り付けることができることから名付けられました。 高度なリベット留め技術により、ジョイントを目視検査することなく、リベットの展開に生じた障害を検出できます。

    利点その 3。リベット留めはアプリケーション ...

    STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業, 製品ニュース

  • Best Practices for Tool and Equipment Preventive Maintenance

    12月 17, 2021

    予防メンテナンスを行う理由。

    計画外のダウンタイム、製造の中断、修理在庫の不足のリスクを軽減または排除することは、すべての製造会社が重視している問題です。ベスト プラクティスを達成するための効果的な方法は、サービス予防メンテナンス (PM) プログラムの実施に重点を置いて、製造時間を最大化し、製品の品質と機械の寿命を延ばすことです。

    定期的な PM プログラムを実施するという組織内のコミットメントを獲得することが最初のステップですが、ダウンタイムと中断のリスクを確実に回避するには、予防メンテナンスを柔軟で管理しやすい方法で実施することが非常に重要です。ただそれを口にするだけでなく、実行することが重要です。

    成功の主な推進要因は何か?

    製造業者は、達成したいことを定義して、PM の行程を始めることができます。

    • 故障や障害を排除することにより、ツールと装置のライフサイクルを延長
    • ツールと装置の製品品質を向上
    • PM スケジュールを計画することにより、高額な特急料金とスペア パーツ コストを削減
    • バックアップ プロセスの実行または検証に必要な追加の人件費を削減

    包括的な計画の作成:

    • ツールと装置に関するツールと装置の製造元 (OEM) 情報を収集します。
    • OEM とともに、使用法と PM ガイドラインを工場から評価します。 ...
  • STANLEY Assembly Technologies, 自動車関連, 製品ニュース

  • Cordless Freedom for Blind Rivet Nut Applications

    11月 17, 2021

    現代の製造業のプロたちは、圧縮空気ラインの制約、制限、および危険をなくす、可搬性の高いパッケージから迅速で大量の配置機能を備えたコードレス ブラインド リベット ナット ツールを求めています。 NB08PT-18 を投入することで、STANLEY は、これら 2 つの非常に重要な基準を 1 つのツールに統合しました。これにより、ほんの数例を挙げると HVAC 向けブラインド リベット ナット ファスニング、家庭用電化製品、リフトとエレベーター、および路線バス、長距離バス、電車の座席コンポーネントと内部サービス可能コンポーネントなど、複数の産業および地上輸送用途で生産性と性能が大幅に向上しました。

     

    ユニークなポータブル性を備えオペレーターが操作しやすい

    NB08PT-18 は、ユーザーのニーズに焦点を合わせて設計されています。その軽量、コードレス設計により、より優れた可搬性、ユーザーの快適性、アクセスのしやすさをこれまでで最も幅広い用途で実現すると同時に、後続の圧縮空気管に関連する危険性を排除します。 また、そのコンパクトで人間工学に基づいた設計と内蔵 LED ライトがうまく機能して、狭い、密閉された、または手の届きにくい用途でも、オペレーターがさらに仕事をしやすくなっています。

    STANLEY Engineered Fastening のブランド再構築製品

    DEWALT 2.0Ah バッテリーを ...

  • STANLEY Assembly Technologies, 自動車関連, 製品ニュース

  • Exploring 12 Benefits of Engineered Fastening Solutions

    11月 15, 2021

    複数の部品を安全かつ効率的にファスニングすることは、工業生産、インフラ、および建設作業における基本的な関心事です。 しかし、プロジェクトで使用する工学的に設計されたファスニング ソリューションのタイプを選択することは、非常に複雑に感じる可能性があります。 各ファスニング タイプの利点を知っていると、オプションを最適なものに簡単に絞り込むことができます。

    最も一般的な工学的に設計されたファスニング ソリューションの 3 つは、リベット留め、スタッド溶接、およびねじ込みファスナーによるボルト締めです。 それぞれに特定の利点があり、多くの用途では、1 件のプロジェクトに対して複数の種類のファスナーが適しています。 このブログでは、Stanley Engineered Fastening の専門家が、各ファスニング タイプのトップレベルの利点を強調して、各ファスナーの長所の概要を明確に示します。

    リベット留め: 恒久的、実用的、費用効果の高いファスニング ソリューション

    利点その 1。リベット留めは その耐タンパー性および耐振動性ゆえに恒久的である
    リベットは、簡単に取り外すことができず、振動に非常によく耐える、滑らかで安全なファスニング ソリューションを提供します。

    利点その 2。ブラインド リベットは取り付け先の片側から取り付けることができる

    ブラインド リベットは、反対側にアクセスしたり見たりすることなく、ピースの片側から取り付けることができることから名付けられました。 高度なリベット留め技術により、ジョイントを目視検査することなく、リベットの展開に生じた障害を検出できます。

    利点その 3。リベット留めはアプリケーション ...

    STANLEY Assembly Technologies, 製品ニュース, 地上交通機関

  • Exploring 12 Benefits of Engineered Fastening Solutions

    11月 2, 2021

    複数の部品を安全かつ効率的にファスニングすることは、工業生産、インフラ、および建設作業における基本的な関心事です。 しかし、プロジェクトで使用する工学的に設計されたファスニング ソリューションのタイプを選択することは、非常に複雑に感じる可能性があります。 各ファスニング タイプの利点を知っていると、オプションを最適なものに簡単に絞り込むことができます。

    最も一般的な工学的に設計されたファスニング ソリューションの 3 つは、リベット留め、スタッド溶接、およびねじ込みファスナーによるボルト締めです。 それぞれに特定の利点があり、多くの用途では、1 件のプロジェクトに対して複数の種類のファスナーが適しています。 このブログでは、Stanley Engineered Fastening の専門家が、各ファスニング タイプのトップレベルの利点を強調して、各ファスナーの長所の概要を明確に示します。

    リベット留め: 恒久的、実用的、費用効果の高いファスニング ソリューション

    利点その 1。リベット留めは その耐タンパー性および耐振動性ゆえに恒久的である
    リベットは、簡単に取り外すことができず、振動に非常によく耐える、滑らかで安全なファスニング ソリューションを提供します。

    利点その 2。ブラインド リベットは取り付け先の片側から取り付けることができる

    ブラインド リベットは、反対側にアクセスしたり見たりすることなく、ピースの片側から取り付けることができることから名付けられました。 高度なリベット留め技術により、ジョイントを目視検査することなく、リベットの展開に生じた障害を検出できます。

    利点その 3。リベット留めはアプリケーション ...

    STANLEY Assembly Technologies, 製品ニュース, 地上交通機関

  • Engineered Fastening が提供するソリューションの 12 件の利点を探る

    9月 24, 2021

    複数の部品を安全かつ効率的にファスニングすることは、工業生産、インフラ、および建設作業における基本的な関心事です。 しかし、プロジェクトで使用する工学的に設計されたファスニング ソリューションのタイプを選択することは、非常に複雑に感じる可能性があります。 各ファスニング タイプの利点を知っていると、オプションを最適なものに簡単に絞り込むことができます。

    最も一般的な工学的に設計されたファスニング ソリューションの 3 つは、リベット留め、スタッド溶接、およびねじ込みファスナーによるボルト締めです。 それぞれに特定の利点があり、多くの用途では、1 件のプロジェクトに対して複数の種類のファスナーが適しています。 このブログでは、Stanley Engineered Fastening の専門家が、各ファスニング タイプのトップレベルの利点を強調して、各ファスナーの長所の概要を明確に示します。

    リベット留め: 恒久的、実用的、費用効果の高いファスニング ソリューション

    利点その 1。リベット留めは その耐タンパー性および耐振動性ゆえに恒久的である
    リベットは、簡単に取り外すことができず、振動に非常によく耐える、滑らかで安全なファスニング ソリューションを提供します。

    利点その 2。ブラインド リベットは取り付け先の片側から取り付けることができる

    ブラインド リベットは、反対側にアクセスしたり見たりすることなく、ピースの片側から取り付けることができることから名付けられました。 高度なリベット留め技術により、ジョイントを目視検査することなく、リベットの展開に生じた障害を検出できます。

    利点その 3。リベット留めはアプリケーション ...

    STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業, 製品ニュース

  • ポッドキャスト: Dr.-Ing による軽量スタッド溶接のイノベーション。 Christian Reis

    9月 24, 2021

    年次の主要な自動車軽量会議である GALM は、業界全体のリーダーを招き、自動車製造における軽量材料の新しい課題とイノベーションについて話し合います。

    我らが Dr.-Ing、 Christian Reis がインタビューで取り上げられ、ユニバーサル軽量スチール スタッドやプレミアム アルミニウム スタッド溶接の表面洗浄アプリケーションである Tucker CleanJet などのSTANLEY Engineered Fastening のイノベーションについて話し合いました。

    詳細については、Tucker CleanJet と私たちの軽量スチール スタッドをご覧ください。

    STANLEY Assembly Technologies, 製品ニュース

  • ブラインド リベット留めの pull-to-stroke (プルツーストローク) と pull-to-force (プルツーフォース) とは? 二重機能の説明

    7月 1, 2021

    一部のブラインド リベット留めツールの機能を説明するために使用される「pull-to-stroke (プルツーストローク)」や「pull-to-force (プルツーフォース)」という用語を聞いたことがあるでしょう。 これらの用語の意味と、両方の機能を備えたファスニング ツールが非常に重要なイノベーションである理由がわからない場合は、今がそれを明確にするチャンスです。 このブログを読んで、これらの機能が何をするのか、そして産業用アプリケーションにブラインド リベット留めツールを使用するときに品質管理を確実にする方法を学びましょう。

    産業製造操業は、生産現場で 3 つの主要な目標である 速度、効率、および精度を達成するよう努めています。 プルツーストロークおよびプルツーフォース ツール機能は、これら 3 つの目標すべてを、異なる方法でサポートします。 シニア設計エンジニアの Tim Cumersdale がプルツーフォースとプルツーストロークの違いを説明しているこのビデオをご覧ください。

     

    プルツーストローク

    プルツーストローク設定により、オペレーターはブラインド リベット留めが適用される材料の厚さに基づいてストロークの深さを設定できます。 同じタイプのブラインド リベット ナットを単一のプレートの厚さに取り付ける場合、プルツーストローク テクノロジーにより、各ファスナーが正確に同じ量だけ圧縮されます。 ...

    STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業, 企業ニュース, 製品ニュース

  • ブラインド リベット ナット アプリケーションのコードレス自由自在

    4月 21, 2021

    現代の製造業のプロたちは、圧縮空気ラインの制約、制限、および危険をなくす、可搬性の高いパッケージから迅速で大量の配置機能を備えたコードレス ブラインド リベット ナット ツールを求めています。 NB08PT-18 を投入することで、STANLEY は、これら 2 つの非常に重要な基準を 1 つのツールに統合しました。これにより、ほんの数例を挙げると HVAC 向けブラインド リベット ナット ファスニング、家庭用電化製品、リフトとエレベーター、および路線バス、長距離バス、電車の座席コンポーネントと内部サービス可能コンポーネントなど、複数の産業および地上輸送用途で生産性と性能が大幅に向上しました。

     

    ユニークなポータブル性を備えオペレーターが操作しやすい

    NB08PT-18 は、ユーザーのニーズに焦点を合わせて設計されています。その軽量、コードレス設計により、より優れた可搬性、ユーザーの快適性、アクセスのしやすさをこれまでで最も幅広い用途で実現すると同時に、後続の圧縮空気管に関連する危険性を排除します。 また、そのコンパクトで人間工学に基づいた設計と内蔵 LED ライトがうまく機能して、狭い、密閉された、または手の届きにくい用途でも、オペレーターがさらに仕事をしやすくなっています。

    STANLEY Engineered Fastening のブランド再構築製品

    DEWALT 2.0Ah バッテリーを ...

    STANLEY Assembly Technologies, 製品ニュース

  • 1.8 m の距離が組立プロセスと製造業の変革を推進

    9月 28, 2020

    学習するのに時々問題が発生するのは残念なことです。 米国では、コロナウイルス蔓延のために多くの人々が準備不足の悪影響を受け、技術と自動化の必要性を痛感しました。

    COVID-19 の拡散を防ぐ最善の方法の 1 つは、隔離です。 自動化により、従業員との接触を減らし、安全を保つことができます。 — Deanna Postlethwaiteグローバル製品管理ディレクター
    STANLEY® Assembly Technologies
    COVID-19 が、製造空間における変化を加速させ、在宅労働者からの指示が工場現場に行き渡るような技術および自動化の進歩の採用を後押ししています。

    COVID-19 の拡散を防ぐ最善の方法の 1 つは、隔離です。 しかし、出社しなければならない必要不可欠な従業員がいるので、ワークフローや業務を考慮すると、適切なレベルのソーシャル ディスタンスを確保することは困難です。 多くの企業は、従業員の健康と安全に集中するように、懸命に努力しています。

    STANLEY Assembly Technologies 関節アーム 

    製造会社は、COVID-19 によって混乱した世界の現実に対処するために最善を尽くしています。 ほとんどが新しいポリシー ...

  • STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業, 製品ニュース

  • 工具および装置の予防メンテナンスのベスト プラクティス

    9月 15, 2020

    予防メンテナンスを行う理由。

    計画外のダウンタイム、製造の中断、修理在庫の不足のリスクを軽減または排除することは、すべての製造会社が重視している問題です。ベスト プラクティスを達成するための効果的な方法は、サービス予防メンテナンス (PM) プログラムの実施に重点を置いて、製造時間を最大化し、製品の品質と機械の寿命を延ばすことです。

    定期的な PM プログラムを実施するという組織内のコミットメントを獲得することが最初のステップですが、ダウンタイムと中断のリスクを確実に回避するには、予防メンテナンスを柔軟で管理しやすい方法で実施することが非常に重要です。ただそれを口にするだけでなく、実行することが重要です。

    成功の主な推進要因は何か?

    製造業者は、達成したいことを定義して、PM の行程を始めることができます。

    包括的な計画の作成:

  • STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業, 企業ニュース, 製品ニュース

  • 私の会社は自動化の準備ができているだろうか? 最初に考慮すべきこと

    9月 15, 2020

    会社が品質と生産性を改善するためにツールの自動化を検討している場合、ねじ込みブラインド自動化システムについて、選択する自動化インテグレーター/パートナーを慎重に検討することが重要です。 このホワイト ペーパーでは、購入対象が半自動ブラインド、ねじ込みツール システム、全自動ブラインド、ねじ込みファスニング システムであれ、特定のニーズを満たす最適な自動化インテグレーター/パートナーを選択するために考慮すべきさまざまな要因について説明します。

    自動化する場合

    自動化のトレンドは、世界中の企業が競争力を維持するために必要であると認識しているため加速していますが、ブラインドのねじ込みツール自動化はあなたのチームとアプリケーションに適していますか? 自動化する必要があるかどうか、自動化できるかどうかを判断することが重要です。 自動化したときにボトルネックの手動プロセスが自動的に機能すると想定することはできません。 プロセスがロボティック オートメーションに適しているかどうかを判断する際に考慮すべき点がいくつかあります。

    STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業

  • ブラインド リベット留めまたはねじ込み用途を自動化する前に考慮すべき 6 つの事項

    8月 24, 2020

    工具装置ソリューションの自動化への投資は、手ごわいプロセスになることもありますが、多くのメリットがあります。 自動化する前にいくつか考慮する必要があります。 アプリケーション、プロセス、およびチームが自動化の準備ができているかどうかを判断します。 これは、あなたの会社と、その意思決定を導いてくれる自動化パートナーまたはファスニング システム パートナーとの間の取り組みになります。 良いパートナーを選ぶことが 1 つのステップになるのは言うまでもありません。 このリストには、プロジェクトを開始する前に取り組むべき重要な事項がいくつか含まれています。

    1. シンプルに始める

    いずれかのレベルの自動化を初めて検討するときは、シンプルに始めてください。 施設で年中無休で稼働する完全に自動化されたシステムについて浮かれてしまうのは、無理もありません。 成功を確実にするためには、シンプルに始めて、好ましい結果をすぐに出せることを実証してください。 手持ち式電動工具からさまざまなレベルの自動化に移行することを決定することは、単にカタログ製品を購入し電源をオンにすることとは異なります。 まずは、小さなプロジェクト、単一の作業セル、または単一の組立プロセスから始めましょう。 それは手持ち式電動工具に継手アームを追加して、オペレーターの疲労や負担を軽減するのと同じくらい簡単です。 この時点では、チームがどのような自動化が必要なのかに関するアイデアに慣れることに集中し、それ以降のステップに同意します。 経営陣の投資収益率を示す最も簡単な方法は、概念を縮小し、1 つのコア部分を自動化することです。 作業範囲は、インテグレーターやパートナーに紹介する前に、社内で作成する必要があります。 リスクの少ない計画に付き従い、それらの小さいながらもすぐに得られる結果を出せたら、それを基に構築してください。

    2. 将来に向けて構築するための計画

    上記の計画では、チームとプラントの最終目標も正確に示してください。 ボトルネック、品質または生産性の問題がある領域を評価し、オペレーターと対談し、自動化戦略に追加する改善事項を検討します。 評価では、障害物の原因はオペレーターではなく、二次加工であることがわかるかもしれません。 組立の自動化は複数のステップからなるプロセスであるため、計画を段階的に練り、プロセスのすべての領域の評価と改善の機会に目をそむけないことが重要です。

    3. ...

    STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業

  • 健康と安全の問題を減らすためのツールのクリーニング

    8月 3, 2020

    COVID-19 のパンデミックによる世界的な製造業の低迷は、緩和の兆しを見せています。 能力は限られていても、製造業および生産業が事業を再開または活発化しているため、労働者の健康と安全はますます重視されています。 作業エリア、作業セルのセットアップ、およびシフトの切り替えを評価することが重要です。 多くの事業部チームと製造チームは、作業環境でソーシャル ディスタンスを取ることに関する計画に取り組んでいますが、使用率の高いスペース、従業員の作業エリア、および作業エリアで共有されたり使用されたりするツールと装置の清掃と消毒も行っています。

    米国疾病対策センター (CDC) や環境保護庁 (EPA) などの政府機関からのガイダンスが利用可能ですが、製造業者協会や州政府なども、保護措置を実施し労働者の健康と安全を支援する保護措置を実施する方法に関する製造工場および組立工場向けのガイダンスおよびサポート資料を作成しています。

    従業員が自分たちの業務を調べて、清掃および消毒プログラムの恩恵を受ける装置とツールを特定する際に、CDC および EPA からのガイダンスとともにテスト結果も提供しています。Deanna PostlethwaiteSTANLEY Assembly Technologies のグローバル製品管理ディレクター

    業務および製造リソースが会社の環境安全衛生部門と協力しているのと同様に、チームも互いに協力しています。 仕事に戻って工場を再稼働するときが来たら、STANLEY® Assembly Technologies がお手伝いします。 「従業員が自分たちの業務を調べて、清掃および消毒プログラムの恩恵を受ける装置とツールを特定する際に、目標は CDC および ...

    STANLEY Assembly Technologies, 一般製造業, 製品ニュース

  • 問題を解決する創造的で新しい設計のイノベーション: Maria Fedele のプロフィール

    6月 15, 2020

    私は、Stanley Black & Decker の一部門である STANLEY Engineered Fastening の製品ライン サポート エンジニアです。 私の主な責任は、組立要件を満たす最適なファスニングと取り付け工具を決定することです。 具体的には、精密ブラインド リベット、高強度ロックボルト、ブラインド リベット ナットを含む POP® および Avdel® 製品ラインに関わっています。 私は直接お問い合わせいただくお客様を支援し、さまざまな機会に営業チームをサポートしています。 私たちは技術専門家です。 お客様に問題が発生した場合、お客様と協力して、提供する部品を実装したり、新しい設計を考案したり、現在の設計をお客様のニーズに合わせて変更することにより、解決策を決定します。 非常に協調的な仕事です。

    Stanley Black ...

    採用情報

  • ありとあらゆる機会を利用して、自分がそれを行えることを証明する: Sherry Lee のプロフィール

    6月 15, 2020

    私はミシガン州の小さな農村の出身です。私の経歴を見れば、私は統計学者になっていたかもしれません。 その代わり、私は自分の課題を詳しく調べて、変化をもたらそうと努めました。

    10 代で高校を中退しましたが、大人になってからは一人親でフルタイムで働きながら、学業に戻って GED を取得し、その後学士号を取得しました。 私は与えられた機会をとらえ、利用して成功を収めました。

    私はプレス オペレーターから、自動車業界に年間 15 億個のファスナーを供給する工場を管理するようになりました。 - Sherry Leeミシガン事業部ディレクター
    私はプレス オペレーターから、自動車業界に年間 15 億個のファスナーを供給する工場を管理するようになりました – STANLEY® Engineered Fastening は、ほぼすべての自動車の 1 ~ 20 の部品を作ってきました。 私たちの工場は、チームの努力により、達成するのが非常に困難な ...

    採用情報

  • 真にレベルの高い競技場: Ziyan Xu のプロフィール

    6月 12, 2020

    教室での時間から Stanley Black&Decker の一部門である STANLEY® Engineered Fastening でのインターンシップ、正規社員としての現在の仕事まで、工学の仕事を通して、女性であることの問題を感じたことはありません。 実際、私は今最先端のチームで仕事をし、3 か所でプロジェクトを主導しています。 私は、次世代の製造プロセスに組み込まれるために会社が選択した新しい技術とサービスの開発を担当するインダストリー 4.0 チームの一員です。 私がこのチームに入ったとき、4 人の上級製造エンジニアがおり、そのうち 3 人は女性です。 今日、私たちのチームは 7 つの AME に成長しました。 私たちは、最新の技術を学んで展開し、最新の技術を活用する同じ機会を与えられます。 人々は私たちを男性や女性のエンジニアとしてではなく、単にエンジニアとして扱ってくれています。

    私たちは時代を先取りしています。 インダストリー ...

    採用情報

  • ラピッド プロトタイピングでカスタム ファスナーの開発を加速する方法

    5月 14, 2020

    典型的な新規やオーダーメイドのファスナーの開発および生産のリードタイムが 18 週間に達する中、STANLEY® Engineered Fastening のラピッド プロトタイピング サービスは、当社で最も人気のある Avdel® と ポップ® ファスナーの多くで、その時間を半分 (通常、8 週間) に短縮することができ、これにより、エンジニアは完全な生産に入る前に設計を検証できるため、新しい未テストのファスナーの生産に要する時間とコストを削減できます。 

    ねじ込みファスナーの機械加工 

    カスタマイズされたファスナーを必要とする製品を設計する場合、STANLEY Engineered Fastening は、複雑なエンジニアリングと運用上の課題を克服しながら、お客様が現代世界の要求を満たすことを可能にするイノベーションをもたらします。

    ラピッド ファスナー プロトタイピングとは何か?

    ラピッド プロトタイピングは、生産品質のサンプルを迅速にテストする費用効果の高い手段を提供し、大量生産の前に実際の意思決定を行うことを可能にします。 当社は、非常に広範な製品ポートフォリオを用意しており、多くの場合、数日以内に最初の機能ビルドを実行するためにすぐに利用できる製品があります。 グローバル製品ライン管理 - ...

    Avdel, POP, 一般製造業, 自動車関連

  • スマート テクノロジーが新しいコードレス リベット ツールの性能とレポートを促進

    1月 13, 2020

    精密ファスニングの世界的リーダーである STANLEY® Assembly Technologies の高性能 BR12PP-8 スマート リベット ツールを使用すると、メーカーはステムの破断荷重とリベットの引き抜き距離を記録することで、スクラップを削減し、組立エリアを最適化して、稼働している工場の製造実行システムにリアルタイムでプロセス データを提供できます。

    「STANLEY Assembly Technologies の BR12PP-8 製品の立ち上げは、STANLEY® Engineered Fastening とのパートナーシップによる最新開発で、スマート、コードレス、プログラム可能な最良のリベット セット技術を提供します。」と、STANLEY Assembly Technologies のグローバル製品管理ディレクターである Deanna Postlethwaite ...

    STANLEY Assembly Technologies, 製品ニュース

  • 最小の部分に焦点を当てて、太陽光 O&M の大幅な節約を実現

    8月 8, 2019

    ファスナーは重要ですが、ラック システムの設置とメンテナンスの見落とされがちな側面です。 STANLEY® Engineered Fastening の主要な顧客の一社である NEXTracker は、世界中の小規模から公益事業規模までの発電所向けに、世界で最も先進的な単軸ソーラー トラッカー システムを設計、製造、構築、およびサービスを提供しています。 パネルのコストが下がっているので、ファスニング労働者の効率を向上させることは、太陽光発電所の設置とメンテナンスにかかる時間、費用、労力を節約するための予期せぬ機会であることが証明されています。

    ネオボルト コードレス ツールでソーラー フィールド パネルを設置する労働者

    NEXTracker は、大小規模の現場で運用およびメンテナンス (O&M) 予算のトラッカー部分のかなりのコスト評価を実施しました。 O&M コストは、ソーラー CSP 工場を 30 年の寿命にわたって運用およびメンテナンスするために必要な年間支出を表しています。 彼らの分析では、従来の結合列トラッカーは通常、NX Horizon™ 電池内蔵型トラッカーで使用されるファスナーよりも 85% 多く使用していることがわかりました。 ...

    STANLEY Assembly Technologies, 再生可能エネルギー, 防振

  • ボルトの自己緩みを防ぐ: トルクを保つ

    7月 31, 2019

    ボルトが緩んでいると、苛立たしい状況になる可能性がありますが、深刻な問題、さらには壊滅的な結果につながる可能性もあります。

    たとえば、2012 年には、掘削リグに取り付けられていた長さ 120 cm のボルトが破損し、432 バレルの合成掘穿泥水がメキシコ湾に放出されました。 調査の結果、ボルト製造業者は配備された 10,000 本のボルトを交換する必要があり、石油掘削会社は深海での操業を中断しなければなりませんでした。

    夕暮れ時の石油掘削装置

    「機械システムと構造システムの全体的な信頼性と安全性は、ボルト継手の安全性と信頼性で決まることがよくあります」と、STANLEY® Engineered Fastening のアジア太平洋およびグローバル電子部門の技術担当副社長である Cheng Siong Phua 博士は述べています。

    ボルトの自己緩みは、振動や温度変化、締め付け荷重の不足、部品の取り付け不良など、あらゆる種類の動的荷重によって引き起こされ、相対運動の結果として自己緩みのリスクを高めてしまいます (『Engineer Live』誌の 2017 年の記事による)。 これらの非常に小さな動きが積み重なっていくと、最終的にはねじ山アセンブリが緩んでしまいます。

    英国を本拠地とするコンサルティングおよびトレーニング会社である Bolt Science によると、緩みの最も多い原因は、ジョイントに対してナットまたはボルト ヘッドが横滑りし、結果としてねじ山に相対運動が発生することです。

    「緩みの問題は、プリロードが不十分だったことを示しており、結果としてジョイントが動いてしまいます」と ...

    Optia, 防振

  • 太陽光および風力発電産業のコストは下がり、それらへの挑戦が増える

    7月 15, 2019

    長期予測では、代替エネルギー調達特に太陽光発電の大幅な成長が見込まれています。 2040 年までには、太陽光発電はエネルギー生産量全体で現在の 5% から最大 30% を占めるまでになる可能性がある、という予測さえあります。 これは、代替エネルギーに賭けている企業にとって朗報です。

    しかし、銀色にきらめく雲の裏側には、灰色の裏地があるかもしれません。 代替エネルギーの価格が下落していることから、競争が激化している間でさえ、政府は支援を削減するよう促されています。 これらの企業にとって、コスト削減は必要不可欠であり、真の課題でもあります。 長期的な見通しはバラ色ですが、そこにたどり着くのは難しいでしょう。

    日没時のソーラー パネル
    住宅の屋根に取り付けられたソーラー パネル

    ソーラー パネルの価格は、10 年間で 10 分の 1 に下がりましたが、設置にかかる労力はそれほど下がってはいません。 「コスト構造とシステムの全体的なバランスが改善されつつあるのは本当です」と述べるのは、Navigant Consulting のシニア リサーチ アナリスト Rodriguez Labastida ...

    Optia, Spiralock , サステナビリティ, 再生可能エネルギー

  • STANLEY® Engineered Fastening が新しいブランド構造の立ち上げを発表

    6月 21, 2019

    STANLEY® Engineered Fastening は、Stanley Black & Decker の一部門であり、精密ファスニングおよび組立ソリューションのグローバル リーダーです。 当社は最近、STANLEY® Engineered Fastening のバナーの下での 7 つのグローバル戦略的ブランドで構成される市場開拓ポートフォリオを含む、新しい企業ブランド構造の立ち上げを発表しました。

    当社は、2018 年 6 月に、主要な OEM および流通パートナーとの包括的なグローバル ブランド調査を完了しました。調査の結果、当社の複雑なブランド構造は、当社が提供する広範で高品質のファスニングおよび組立ソリューションをお客様が見て回ったり、当社が何年にもわたって築いてきた品質とイノベーションに対する世界的な評判を示したりするのに役立たなかったことが判明しました。 当社のブランド ポートフォリオを再構築することが、お客様により多くの価値を提供し、すべての外部パートナーに当社の組織をより良く理解してもらうための最良のアプローチである、ということがわかりました。

     

    「100 年間、私たちは精度、パートナーシップ、信頼に関して高い評価を得てきました」と、マーケティングおよびブランド担当のグローバル ディレクターである ...

    企業ニュース, 製品ニュース

  • 自動車メーカーによる軽量化への大規模な投資

    4月 26, 2019

    米国の現行政権には、前政権によって設定された車両に関するさまざまな基準と走行距離規則の引き上げを元に戻す計画がありますが、これは大きな影響を及ぼすでしょうか?

    オブザーバーは、計画が実現された場合でも、変更の影響はそれほど大きくはならない可能性があると考えています。 これは、自動車メーカーが、より厳しい燃料基準を念頭に置いて設計された次のモデルに既に数十億ドルを投資しているためです。しかも、燃費規制は世界中の主要市場で実施されています。 さらに、カリフォルニア州およびその他の州は、独自の規制を CAFE と調整しており、自動車メーカーは、これらの小規模な市場向けだけのために走行距離が長い車両を製造することは望んでいません。

    自動車生産

    米国の CAFE プログラムは、自動車や小型トラックの燃費を向上させることでエネルギー消費量を低減するために、1975 年に策定されました。 それは、1973 年から 74 年にかけての OPEC 石油禁輸に対するワシントンの反応で、当時アメリカ人はガソリンを求めて長い列を作り、家のサーモスタットの設定温度を下げ、セーターを着込みました。 CAFE の当初の目的は、国のエネルギー安全保障を改善し、ガソリン価格が高騰したために消費者のお金を節約し、製造イノベーションを促進することでした。

    41 年後の 2016 年、連邦政府は、時間の経過とともに段階的に引き上げるように設計した中型および大型車の燃費基準を追加しました。ただし、新しい提案では、2020 年のレベルの基準を 6 年間凍結することになります。 そして、STANLEY® は、自動車メーカーが排出量低減目標を達成できるように支援すべく、既にその役割を果たしています。 その最新の取り組みにより、プラスチック部品を以前よりもさらに軽量化する新しい方法が生まれました。

    ワイヤー ...

    軽量化, 自動車関連

  • 60 V のコードレス ナットランナーが高トルクのファスニング アプリケーションを最適化

    4月 10, 2019

    STANLEY® Assembly Technologies は、STANLEY® Engineered Fastening のブランドの 1 つで、B シリーズのコードレス ツールを拡張し、B44L アングルレバー コードレス ナットランナーなどの製品があります。 その 60 V の DEWALT® FLEXVOLT™ バッテリーのおかげで、B44L は、組立市場で入手可能な製品のうち、最も強力なコードレス ナットランナーとなっています。

     

    Stanley Assembly Technologies のシリーズ B ツール - B33L & B44L コードレス ナットランナー
    高トルク B44L ...

    STANLEY Assembly Technologies, 建設・インフラ, 製品ニュース

  • STANLEY® Engineered Fastening がオハイオ州イリリアに生産施設を開設

    3月 20, 2019

    STANLEY® Engineered Fastening はオハイオ州イリリアに生産施設を開設しました。 STANLEY® Engineered Fastening の幹部と地方自治体の役人は、3 月 20 日にリボンカット セレモニーで工場の開設を祝いました。

    STANLEY 幹部とエリリアおよびオハイオ地方当局がリバティ コート施設のリボンカット

    左から右へ: Michelle Gillcrist – オハイオ州知事 Mike DeWine のオフィスでの北オハイオ州地方局長、Carl Mack – エリリア市消防署長、Pat Mulligan - Nelson® ...

    Nelson, 企業ニュース

  • 問題解決は Ted Nelson の初恋だった

    3月 7, 2019

    80 年前、多くの田舎の家は電化されておらず、屋内配管もありませんでした。 グレン ミラーとビリー ホリデイが、音楽チャートのトップにいました。 真新しい車でも、1,000 ドル以下で手に入れることができました。 そして最先端の戦艦それ自体が海に浮かぶ都市は、当時は現代のスペース シャトルに相当するものでした。 メア島海軍造船所で働いていたとき、Ted Nelson® は大きなアイデアを持っていました。 それは素晴らしい考えでした! 最終的に、Nelson の提案のおかげで海軍は非常に多くの工数を節約でき、Nelson は最高の表彰を獲得し、今日まで業界の最先端に残っている卓越性の遺産を始動させました。

    Ted Nelson と uss テキサス
    スタッド溶接プロセスの発明者である Edward "Ted" Nelson® が、最初のスタッド溶接ガンを手に持っています。

    メア島海軍造船所は、Nelson® ...

    Nelson, 造船

  • 倉庫から工具保管庫まで: Dee Gerleman のプロフィール

    3月 5, 2019

    アイオワ州デコーラにある STANLEY® Engineered Fastening の製造施設で働くべく雇われたとき、状況が上向くまではここで働く、と自分に言い聞かせました。

    それは 22 年前のことです。

    私はアイオワ州ウェイバリーの近くで育ち、アイオワ州メーソンシティのノース アイオワ エリア コミュニティ カレッジ (NIACC) で 2 年間の学位を取得しました。 若いころはかなり動き回っていましたが、若者なら誰でもそうでしょう。 若いころは新しいことに挑戦して、自分の人生やキャリアに何を求めているかを理解することが重要です。

    Dee Gerleman

    1996 年 6 月に STANLEY Engineered Fastening で働き始めたとき、私は倉庫で ...

    採用情報

  • デコーラ施設がグローバルな持続可能性イニシアチブで優勝

    2月 20, 2019

    STANLEY® Engineered Fastening とその親会社である Stanley Black & Decker は、世界各地にある事業所、配送センター、製造施設において、2030 年までにカーボン ポジティブにすることを約束しました。アイオワ州デコーラにある STANLEY Engineered Fastening 製造施設は、コネチカット州ダンベリー、および英国ワォリントン とともに、当社のグローバルな持続可能性イニシアチブのリーダーとして関与しています。

    デコーラの部品洗浄機組立
    エネルギー効率の高い大量部品洗浄機がデコーラの施設に到着します。

    デコーラの施設は、過去 2 年間の一連の持続可能性イニシアチブに投資することにより、STANLEY® によるエネルギーおよび環境的受託責任の目標達成を支援しています。

    サステナビリティ, 企業ニュース

  • ある伝説的船乗りが手を差し伸べる

    2月 4, 2019

    100 年以上前の 27,000 トンの船の歴史の礎石に以前の栄光を取り戻させることは、簡単な仕事ではなく、第二次世界大戦で使用された 1,500 トンの潜水艦の狭いスペースを 1945 年当時の未使用の状態に戻すことでもありません。 しかし、Stanley® Engineered Fastening の Nelson® Stud Welding ブランドは、この挑戦を受けて立ちます。

    戦艦テキサス
    戦艦テキサスは、アメリカで最後まで残ったドレッドノート型戦艦ですが、現存しています。

    D デイに戦った数百人足らずの米国軍人が現在も生きていますが、硫黄島と沖縄での砲撃支援に加えて、オマハ ビーチの西半分を砲撃しながらグレイテスト ジェネレーションのメンバーを乗せた船の 1 つは現在、生き続けるために戦いを繰り広げています。 Ted Nelson の独創的なスタッド溶接システムのおかげもあり、それは同戦艦が勝つことができる戦いです。

    戦艦テキサスは、アメリカで最後まで残ったドレッドノート型戦艦で、二度の世界大戦で使用された現存するわずか ...

    Nelson, 造船

  • Global Week of Service 2018 はより大きく、より広く、より良いものに

    11月 30, 2018

    2 回目の年次 STANLEY® Engineered Fastening Global Week of Service は、参加した従業員の数、サービスを受けた組織の数、手を差し伸べたコミュニティの数、および全体的な影響において、初開催のイベントを大幅に上回りました。

    Victoria Bowles は、Stanley Black & Decker の一部門である STANLEY® Engineered Fastening でコミュニケーションズ スペシャリストを務め、Global Week of Service のリード主催者でもありますが、このような野心的なイベントを成功させるという物流上の課題があったにもかかわらず、参加は全体で ...

    企業ニュース

  • STANLEY® Assembly Technologies が高速コードレス ナットランナーを発表

    10月 3, 2018

    STANLEY® Assembly Technologies、STANLEY® Engineered Fastening のブランドは、B シリーズ コードレス トルク ツール製品ラインを拡張して B33L アングルレバー コードレス ナットランナーを含めています。 B33L は、60 V の DEWALT® FLEXVOLT™ バッテリー駆動で、2.8 〜 95 Nm のトルク範囲が注目を集める、市場で最速のコードレス精密ファスニング ...

    STANLEY Assembly Technologies, 企業ニュース, 建設・インフラ

  • 製造業の最新の進化: 社員

    9月 24, 2018

    今日の工場は、ディケンズの小説よりも、むしろマイノリティ リポート です。 自動化、コネクティビティ、ビッグ データ、画面テクノロジーにより、現実の世界とサイバーの世界が合体しています。

    オハイオ州クリーブランドにある STANLEY® Engineered Fastening の Assembly Technologies 製品ラインのグローバル製品管理ディレクターである Deanna Postlethwaite は、「25 年前の製造環境は、今日の製造環境と同じではありません。」と述べています。 「暗くて汚い環境から、一貫性、品質、安全性に重点を置いた非常にテクノロジー主導の環境に変わりました。」

    物理的なプラントとツールが変化するにつれて、製造業の労働者のプロファイルも変化しました。 製造業の人材紹介会社 ResourceMFG によると、Postlethwaite のような女性は、製造企業で上級管理職に就くだけでなく、溶接などのより肉体労働的な役割も担っています。

    これは業界にとって朗報であり、熟練労働者の不足を是正するためのイニシアチブが機能していることを示しています。 これらの取り組みは、主に Women Who Weld ...

    ダイバーシティ&インクルージョン, 一般製造業

  • ダンベリー施設が省エネを推進

    6月 15, 2018

    Rich Ciardi は使命を帯びた男でした。

    コネチカット州ダンベリーにある STANLEY® Engineered Fastening のメンテナンス マネージャーとして、Ciardi はチームとともに、施設のシステムを刷新して Stanley Black & Decker の ECOSMART ガイドラインの順守を達成するという目標を設定することで、大幅なエネルギー節約になると認識していました。 2016 年後半、Ciardi は、地元の電力会社である Eversource のグループに参加を要請し、123,000 平方フィートのプラントの改善の機会を指摘しました。 Eversource のチームは、Ciardi が完了を確認するためのパンチ ...

    サステナビリティ, 企業ニュース

  • STANLEY® が DS Virgin Racing Formula E Team のオフィシャル パートナーとして契約

    4月 27, 2018

    コネチカット州ニューブリテンと、英国ロンドン、2018 年 4 月 27 日

    Stanley Black & Decker (NYSE: SWK) およびDS Virgin Racing 本日、Stanley® Black & Decker の STANLEY® ブランドは、今週末からフランス、パリの Circuit des Invalides で ...

    企業ニュース, 電気モビリティ

  • Stanley Black & Decker が Nelson® Fastener Systems の事業を買収

    4月 2, 2018

    2018 年 4 月 2 日月曜日、Stanley Black & Decker は、Nelson® Fastener Systems の産業事業の買収を完了しましたが、これには Nelson の自動車スタッド溶接事業は含まれていません。 1939 年に設立された Nelson® Fastener Systems は、産業用スタッド溶接における市場リーダーであり、建設、産業、発電、トラック、航空宇宙分野での用途を持つファスナーとシステムを専門としています。

    当社は、既存の垂直市場内でのリーチを拡げるだけでなく、建設および産業用スタッド溶接においてもさまざまな機能を利用できるようにする予定ですが、これはまったく新たな試みです。

    – John Wyatt STANLEY® Engineered ...

    Nelson, 企業ニュース

  • 仮想制御室が Stanley® ウォリントンのチームのデータに新たな次元を追加

    3月 30, 2018

    プラント ジェネラル マネージャーの Lee Birchall が、イングランド北西部ウォリントンにある 16,351 平方メートルの工場の壁の内側にある要素のステータスを知る必要がある場合、工場の会議室に取り付けられた 2 つのスクリーンを確認するだけでわかります。

    工場の仮想制御室の要として、これらの画面は、ウォリントン施設でのワークフローに関与するすべての部門に関する豊富な情報をリアルタイムで放送します。その施設では、複数の製品ブランド ラインでシングルピースおよびツーピース ファスナーを製造しています。 この制御室は、STANLEY® Engineered Fastening によって最近実現された インダストリ 4.0 のサクセス ストーリーであると同時に、デジタル製造業の進歩でもありますが、Birchall によると「工場の生きる、呼吸するハブ」だそうです。

    制御室のもともとのコンセプトは、この工場で 11 年前に生まれました。 その当時、現在のように、主要な担当者が 1 ...

    企業ニュース

  • 特別な存在からグループのリーダーへ: Bettina Fischermanns のプロフィール

    3月 1, 2018

    キャリアの初期のころには、私が客先に出向くと彼らは少し微笑むだけで、「女性はお呼びじゃないよ」という態度を取ってきたものです。彼らは典型的なバイエルンの男性であり、それだけでなく、自動車エンジニアでもありました。 今では、私が部屋に入るとすべての目が私に注がれますが、それは私が答えを持っている人物だからです。そう、私はチーム リーダーです。 今では、私が打ち合せに入ると結果を出すので、顧客は私に仕事を求めてくるようになりました。

    今では、私が部屋に入るとすべての目が私に注がれますが、それは私が答えを持っている人物だからです。そう、私はチーム リーダーです。 そして、私は結果を出します。

    – Bettina Fischermanns、R&D プロジェクト マネージャー
    STANLEY® Engineered Fastening

    STANLEY® Engineered Fastening の R&D プロジェクト マネージャーとして、私は非常にペースの速い、注目を集める自動車分野における学際的なアイデアと開発を担当しています。 私のチームは、自動車製品マネージャーとマーケティング チーム、および自動車分野の上位顧客からの意見を取り入れ、これらすべてを組み合わせて、生産をより速く、より正確に、またはより費用効果の高いものにするシステムを構築しています。 簡単に言えば、私たちは生産ラインがより良く機能し、より良く動き、よりきれいにそしてより速く動くのを支援しています。 シナリオが最高なので、私たちはそれをすべて行うことができます。 

    STANLEY® Engineered Fastening ...

    採用情報

  • STEM 候補拡大: Carla Mills のプロフィール

    2月 14, 2018

    人事 (HR) ジェネラリストとして、私は職務のほぼすべての側面といえる採用、報酬と福利厚生、従業員エンゲージメント、組織設計などに関与しています。 この役割は私の面倒見のよい性格にぴったりですが、最初は私のキャリアは非常に異なる道を歩んでいました。

    私は常に複雑な問題の簡単な解決策を見つけるのが得意で、数学と科学に強い学生でした。  それで、電気工学の理学士号と製造システム工学の理学修士号を取得した後で、STEM の機会を模索しました。

    Carla Mills、シニア人事ビジネス パートナー、Elu (Stanley Black & Decker's Exponential Learning Unit)

    私のプロとしてのキャリアは、朝食用シリアル、ベーキング ミックス、その他の小売食品で知られる大手消費者向け食品メーカーから始まりました。 私は会社でいくつかの役割を果たし、最終的にはシニア パッケージング エンジニアに昇進しました。

    仕事は楽しかったのですが、いつも人が大好きだった (もともとは母のように小学校の先生になりたいと思っていました) ため、従業員組織に参加することでエンジニアリングのキャリアを補完しました。 会社最大の従業員ネットワーク グループの委員を務め、最終的に委員長に就任しました。 私の責任には会員に代わって主張することが含まれていたので、この時期に行った仕事によって人事への情熱が育まれたと考えています。

    従業員グループを率いることで、この種の仕事をフルタイムで行うことが影響力のあるキャリアになると気付きました。 ...

    採用情報

  • Nelson のスタッド溶接がパースのオーストラリアン フットボールをサポート

    1月 15, 2018

    西オーストラリア州のパース市は、Nelson の社歴で最も新しい巨大建築物、オプタス スタジアムの本拠地です。 この 60,000 席を収容するオーバル スタジアムは、オーストラリア式フットボール、クリケット、ラグビー ユニオン/ラグビー リーグ、サッカー、コンサートなど、さまざまなスポーツやエンターテインメント イベントを開催できる世界レベルの多目的会場です。

    オーストラリア パース オプタス スタジアムの画像
    オプタス スタジアム、パース、オーストラリア

    チケットが完売した 2018 年 1 月 21 日の「オプタス スタジアム オープン デー」では、ツアーと会場の詳細に加えて、南半球で最大のスタジアム スーパー スクリーンを取り入れたすばらしいオーディオ/ビジュアル ショーが提供されます。

    最初のイベントは、1 月 28 ...

    Nelson, 企業ニュース, 建設・インフラ

  • フリントからフランクフルトへ: Paul Gianferrara のプロフィール

    1月 4, 2018

    私は、ミシガン州フリントにあるケタリング大学の工学部の学生として、私はインターンの仕事をしていました。必要なカリキュラムの一部でした。 ケタリングでは、学生は 3 か月間学校に通い、その後 3 か月間フルタイムで働きます。在学期間を通じて、そのパターンを継続します。 これは学位と実務経験の両方を持って卒業できるので、信じられないほど役に立つと私が思った概念です。

    2008 年 1 月、私はこの会社でのインターン学生でしたが、システム エンジニアリング チームに大きなプロジェクトが飛び込んできたため、すぐにこの部門に異動しました。 冗談ではありません。この新しいグループでの仕事を開始してから 10 分で、2 か月以内に予定されていた重要な仕事を完了するための備品とブラケットを設計していました。 STANLEY® で、私はすぐに、要求が厳しいがやりがいのある仕事が与えられることを期待するようになりました。

    画期的なイノベーション チームの一員となり、次世代の優れた製品を生み出す機会は、すべてのエンジニアの夢であり、絶対的な名誉です。Paul M. GianferraraBreakthrough Innovation、機械工学リード
    STANLEY® Engineered Fastening

    卒業時に ...

    採用情報

  • 「自分の仕事ではない」場合でも協力: Elizabeth Walker のプロフィール

    12月 15, 2017

    1 年前に私が今日どこにいるのかと聞かれたら、仕事のために全国各地を飛び回っているなどとは想像もしていなかったでしょう。しかし、私は新しい役割の挑戦を受け入れ、大丈夫だと思ってひとまずやってみたことを良かったと思っています!

    それは間違いなく混乱の数年間でした。 私は大学在学中、STANLEY® の購買部の実習生で、卒業後すぐに採用されました。 私は、母校であるミシガン州立大学からそう遠くないミシガン州チェスターフィールドの自動車部門で購買部員として働いていました。 私は、STANLEY® Engineered Fastening 内の別の事業部門にサービスを提供する責任を持ち、異なる製品ラインと運用についてすばやく学ぶことができました。 数か月前、私は資材管理者として指導的役割に昇進し、コネチカット州ダンベリーに住んでいます。 STANLEY で学び、発展する機会を継続して得ることができるのは非常に幸運です。

    私は産業部門の資材管理者として、ダンベリーの製造施設で働く 5 人のプランナーと製造スケジューラーを管理しています。 また、ケンタッキー州ホプキンズビルの運営をサポートし、そこのチームと協力しています。

    Elizabeth Walker
    Elizabeth Walker、STANLEY® Engineered Fastening

    STANLEY® Engineered Fastening で働いている間に得た最も重要なスキルは、「境界のない」ことを学び、変化に適応することです。 組織の変更によって挑戦を受け、複数の製品ラインまたは事業部門に努力を集中する必要がありました。 変化は絶え間なく、避けられず、状況がどうであれ、絶対に必要なことです。 変化を求めない組織の一員である場合、自分の目標を個人および組織として評価する必要があります。 古い方法では新しい扉は開きません。

    さらに重要なことに、私は、決して「私の仕事ではない」ことはないということを学びました。実際、私が仕事上の最高の機会を得たのは、「私の仕事ではない」ときでさえ、私が努力したからです。今か ...

    採用情報

  • 達成するために専念すれば成功する: Tony Prueitt のプロフィール

    11月 30, 2017

    Stanley Black & Decker で働き始めたとき、同じ会社に 27 年もいることになるとは想像もしていませんでした。しかし、自分の職業的野心を十分に満たす以上のものを受け取りました。

    教育を終えた直後私は 21 歳で、会社での最初の役割は、採用担当者を通じて見つけた研修生営業担当者でした。 1 年間、私は経験豊富な営業担当者について回り、事業を学びました。 何年にもわたって、私は地域営業担当者、事業部門リーダー、ディレクター、ゼネラル マネージャー、そして昨年の時点で副社長を務めてきました。 私は 4 つの異なる市場で、9 つの異なる進歩的な成長の役割を果たしてきました。そしてこの間、STANLEY® Engineered Fastening 部門も、世界の売上高が 20 億ドル未満から、今日では約 120 億ドルにまで成長しました。

    副社長としての私の現在の立場では、ほとんどの時間がヨーロッパでの仕事と出張に費やされ、STANLEY® Engineered ...

    採用情報

  • 成長と発展は必ずしもまっすぐな道ではない: Noah Forrest のプロフィール

    11月 20, 2017

    私はチームをまとめ、人々が成長し発展するのを見ることに情熱を持っています。 私は他の人を指導する機会を探しています。 この情熱には現在、息子のサッカー チームの指導が含まれていますが、彼は 5 歳なので、指導というよりは本当に元気な猫を世話するようなものです。 私は STANLEY® リーダーシップ開発プログラム (SLP) の編成にも関わってきましたし、STANLEY® Engineered Fastening の北米財務リーダーも務めています。

    私は、STANLEY® リーダーシップ育成プログラムに関わって以来、STANLEY® Engineered Fastening の参加者を全米で 1 人のアソシエートから 6 人のアソシエートにまで増やしました。 私がこの経験で最も楽しんでいるのは、若者が新しいアイデアを持ち込み、プロセスを改善するのを見ることです。 私たちは、SLP アソシエイトに彼らの時間を埋めるためだけのプロジェクトでなく、真の仕事を与えることに重点を置いており、素晴らしい結果を見てきました。 ...

    採用情報

  • STANLEY® Engineered Fastening の従業員は世界中で企業の使命を体現しています

    11月 1, 2017

    Stanley Black & Decker が目的声明として「For those who make the world™」を採用したとき、同社はメッセージの背後にある意図を重視していることを明確にしました。 この目的声明を発して間もなく、その事業部門はそれらの言葉を実現するための探求を開始しました。

    STANLEY® Engineered Fastening は、「顧客、同僚、コミュニティ」を具現化したアイデアでこの課題に対応し、グローバル サービス ウィークを実施することを約束しました。 2017 年 10 月 9 日から 13 日の週に、従業員は、地域社会を支援するために、勤務時間中に同僚と一緒にボランティアをすることが奨励されました。 奉仕活動の計画と調整を支援するために、各場所でチャンピオンが特定されました。

     

    ...

    企業ニュース

  • B シリーズ コードレス製品ラインに直角およびインライン トルク ツールが追加

    9月 14, 2017

    今日の高性能車両の多くは、組立が困難です。 車両の空力設計では、内部設置のためのスペースが非常に狭く、精密機械加工の製品として、これらの車両を構成するシステムは、取り付けのために均一で正確なトルクを必要とします。 これらの状況に加えて、混雑した忙しい作業現場では、そのような課題 (洗練された高速車両で有名なヨーロッパの各自動車メーカーの特定の問題点) が特殊なツールを必要とする理由は明らかです。

    私たちの対応は、 クラス最軽量のコードレス トルク ツール製品ラインである STANLEY® Assembly Technologies B シリーズに追加された 2 つの新しい製品です。 2017 年 9 月に導入された B12LA トルク ツールおよび B12LB インライン トルク ...

    企業ニュース