STANLEY® Engineered Fastening は、お客様のアプリケーションに求められる高品質で費用効果の高いコンポーネントを製造し、新しい技術への継続的な研究と投資、卓越した専門知識、細部にまで厳しい目を向けることにより、業界をリードし続けています。冷間成形または冷間圧造により、スクラップ材料を発生させることなく形状を形成します。 原材料が部品の中で最も高価になることがあるため、冷間成形は多くの場合、ねじ加工やその他の製造方法に代わる低コストの方法となります。 冷間成形技術の拡大により、ますます複雑になるコンポーネントを非常に高い生産率で製造できるようになっています。

冷間成形スペシャル

特長

  • さまざまな直径の部品、押し出し成型、ブラインド ホールおよびスルー ホールなどのユニークで多様な形状
  • 大きなヘッド対シャンク比が可能
  • 偏心または非対称のボディが可能
  • 部品をネット シェイプまたはニアネット シェイプ加工できるため、最終的な形状を得るために必要なセカンダリ加工が少なくて済みます

利点

  • 加工硬化と途切れることのない鍛流線による強度と信頼性の向上
  • ねじ加工部品よりも優れた表面仕上げ
  • スクラップ率の低下
  • 高い生産率
  • 複数のピースから成るコンポーネントを 1 つのコンポーネントとして製造可能

冷間成形ファスナーの使用を開始する

パンフレットのダウンロード

最適なソリューションを探すのにお困りですか?

お客様のプロジェクトや用途に合わせたご提案をさせていただきます。

お問い合わせ